痩せて輝きたかっただけなのに。。。

会社の健康禁断での体重を見てダイエットを開始しました。

毎日体重測定を行い、間食を減らしサラダを多く食べることにしました。すると今まで食べすぎていたせいか自然と体重は落ちていきました。

体重が落ちる嬉しさを勘違いした私はもっと減らせば体重は減ると認識をしてしまいました。この日が私を後悔の道へと進ませました。主食は一切食べなくなり、常にカロリー計算が始まりました。
今日から1日1000キロカロリー、、、今日からは1日800キロカロリー、、、最後は1日500カロリー下で過ごすという目標になっていました。

200以内で終わる日は心から嬉しかったのと達成感に満ちていました。どんなに夜が遅くてもウォーキングは辞められませんでした。朝と夜1日2回ウォーキングをする。1日仕事以外で10000歩達成するまで帰れない。そんな生活をしていると次第に食べなくても良くなりました。

コーヒーとタバコだけで一日が終わる。そんな日が増えてきました。痩せていく体を見ているのが何よりも楽しかったのです。

気づけば半年も経たずに10キロ以上落ちていました。今まで来ていた服は大きくなり。顔色も悪くいつもイライラしている、そんな日々。

ストレスがどんどんと溜まり1口くらいなら、、これくらいならまた歩けばなんとかなる、また我慢したらなんとかなる、、そう思いまた1口また1口と食べることが増えていきました。

今まで食べていなかった分とても美味しくて美味しくて泣きそうになりました。食の美味しさを身体が求めているのを感じました。

この日を境に私は食べる日々になりました。食べると今まで食べていなかった分体重ももちろん増えました。気づけば5キロ増えていました。

ふと鏡を見るとあばら骨が見えていたお腹にはお肉がつき、顔も丸い。脚も腕も太い。このままじゃまたデブになってしまう。そう感じた私は胃に食べ物を入れておくのが怖くなりトイレに向かい指を入れ吐き出しました。すると、体重は少し減っていました。食べても吐けばいい。そう認識をしてしまったのです。

その日から私は食べては吐いてを繰り返すようになりました。外出していても、家にいても何をしていても頭は食で満ちていました。 食べたいに侵されていたのです。

決して無理なダイエットはしないでください。1歩踏み入れてしまえば二度と戻ることが出来ない世界です。私は3年経った今まだ克服することはできていません。

無理なダイエットは本当に禁物。体も壊すし、リバウンドがはんぱないです。脚痩せなど部分的にケアしたい女性ならフラミンゴレギンスなどを試してみるといいかもしれません。

パックをするときに注意しなければいけないこと

フェイスラインをすっきりと引き締めてくれると話題のアイテムが「シェイプパック」。 肌の代謝をサポートして、肌のむくみをすっきり取ってくれます。 引き締め効果だけでなく、くすみの原因となる毛穴の汚れをきれいに取り去る「毛穴パック」としての役割も。

パックを顔に貼りつけてお風呂につかっていると、びっくりするほど毛穴から汗が出てきて爽快です!

目元の乾燥に:カナデルエフェクトアイクリームリフトの口コミ

そのあときれいに洗顔して、さらにお風呂上りには化粧水や乳液でたっぷりと保湿すればケアは完了。 お風呂やサウナなどで貼るだけで簡単にできてしまう「ながらスキンケア」の真骨頂ですね! マイク・コーポレーションのシェイプパックは、通販サイトやドラッグストアなどで購入可能。

30枚入りでお値段は1,000円ほど。使ったことがない人は一度試してみてはいかがでしょうか。

ニーナの「毛穴シェイプパック」もかなり人気が高いアイテム。毛穴汚れにパパイン酵素が働きかけて、汚れをしっかり吸着して取り除いてくれる毛穴パックです。 パックして10分ほどで洗い流せば完了。すべすべのお肌になります。

1回だけでなく続けて使っていくうちに頬や小鼻の黒ずみも気にならなくなっていき、透明感のある肌になってきます。 毛穴シェイプパックにはコラーゲンやビタミンCなどの保湿成分もたっぷり入っていて、肌の保湿力を高める効果もあるんです。 毛穴シェイプパックの特徴は、毛穴の汚れをしっかりと吸着して汚れをきれいに取り除いてくれるということ。

ニーナの毛穴シェイプパックは、10分ほど経つとだんだん泡立ってきて、汚れも一緒に浮き上がらせてくれます。 シェイプパックは、肌に塗って使うタイプの毛穴パックなので、まず自分の肌に合っているものをえらばないといけません。 肌荒れを起こす可能性もあるので、まずはパッチテストをしっかり行ってから使うこと。

バストの形が悪い悩み!?どうやったら解消する?

私のバストは外側に向いているので、外側にボリュームが出て、体形全体が太って見えるのが悩みです。

体は痩せていたときでも、バストのサイズにあわせると、トップスの服のボリュームが出て、やはり大きく見えていました。

高校生のときは、自分は太っているのだ、仕方がないと思っていたのですが、大人になって、少し痩せたので、バストのせいで余計に太って見えるのだと気づきました。

体が大きく見えないようにジャストサイズの服を選ぶと、バストがピチピチになるので、バストが強調されて、人目が気になりました。あまり太って見えなくて、バストも強調されないような服を選ぶのが大変でした。

バストが外側を向いているので、下着選びも大変でした。長い時間つけていても苦しくならずに、きちんとバストをホールドしてくれる下着で、外にひびきにくいものを探しました。

百貨店で測ってもらって店員さんと相談したり、商店街の下着屋さんでいろいろ試着してみたりしました。それで、下着屋さんでシームレスで苦しくならない下着が見つかって、そればかりつけていました。

今はナイトブラを使うことで形が悪いバストもきれいなラインに見えるようになりました。

PGブラの口コミ

一方、体が大きく見えない服はなかなか正解がわからず今でも探し続けています。でも海外製の服などはバストのボリュームがあっても、体の部分は細いものなどがあるので、体形にあったものを見つけるのが大事だなと思います。

夏の暑い時期は、バストの周りにあせもができるのが悩みです。

ブラジャーをつけていると、バストの谷間のところがむれて汗をかいてあせもができます。汗でむれやすいだけでも夏は大変で気持悪いです。

また、休日など家で過ごすとき、ブラジャーをつけていないときでも、バストの下に汗をかいて、バストの下のところにあせもができます。

それで、シッカロールなどの粉をはたいて、あせもができないようにしたりしています。

年齢を重ねてバストが下垂してくると、余計にバストの下にあせもができやすくなりました。それでなるべく接触冷感や速乾など通気性の良い生地のインナーや服を着たりして、涼しくするようにしています。それでも夏は暑くてあせもができてしまいます。毎年夏の暑い時期はそれが悩みです。

汗をかいても外ではすぐに拭けないところなので、蒸れてあせもができやすいのです。少しでもそれをおさえたいので、外出前に制汗スプレーやシッカロールの粉をはたいたりしています。

気づいたら薄毛に!?手間暇かけずに改善

40代女性です。昔から髪が太くて多くてくせ毛で、少ないネコッ毛のような髪の毛にあこがれていました。

美容院に行くと常に髪の毛を梳いてもらってどうにか少なくまとまりのあるようにしてもらっていたくらいです。

薄毛に気付いたのは40代に突入したころで、30代前半で子供を産んで抜け毛は多いなと思っていましたが、産後は抜け毛が増えるという巷のうわさで特に気にしていませんでした。

しかし、ある時自分の分け目を改めてみてみると、ぱっくり地肌が見えるようになっていました。自分が薄毛になるなんて夢にも思っていなかったので、衝撃を受けました。

それからは、育毛剤を使ったり地肌に良いといわれるシャンプーを使ったり、入念に地肌マッサージをしたりと色々試しています。

ヘアリシェの口コミを見る

ただ、なかなか即効性があるものではないのか、髪の毛が増えたような感じはしていません。

現在は髪を短くして分け目を変えるのと、髪を縛らないようにして地肌にストレスを与えないようにするのを実践し、少しは分け目が気にならなくなったかなと思っています。

でも、こんな人もいるんですよね。

『とうとう50代になりわたしの髪にも白髪がチラホラ。

ま、10年前くらいから白髪はあったんですけどね・・・

ただ、50代になってから何となく吹っ切れちゃいました。こうやって年を重ねていくんだなという諦めに近い気持ちなんです。40代の頃は年齢に逆らいたくて四苦八苦してたんですけどね。

白髪がきらっと光るのが許せなくてカラートリートメントに不満を持ちながらもやめられませんでした。

それがですね、おかしな事に50代に入ってムダなあがきは辞める方向に考えが向かっています。

ただ50代になったという変化しか起きていないけど、50という年齢はそれだけ衝撃が大きかったと言うことになります。

出てくる白髪に気を取られているよりこれから自分のために出来ることを探す方が先のような気がします。』

 

私も白髪とか薄毛とかに悩みすぎるのもよくないかなーと思います。それでも、できる限りの改善対策はしたいと思ってしまうんですけどね!

洗顔やクレンジングを使ってみた感想

オキシーパーフェクトウォッシュ

私は汗かきで肌荒れ体質でどちらかといえば毛穴もつまりやすい体質だと思います。50過ぎですが、ざらざら肌はやはり嫌です。

子供が使っているので私も使っています。寝起きはベタベタ肌です。

朝、顔を洗う時に使っていますが、泡立ちもよく、手のひらでもゴアゴアせず、ツルツルな泡立ちです。

顔を手のひらの泡で洗いますが多少顔にヒリヒリ感がありますが、塗り心地もよく、泡立ちもよく、顔全体に気持ちよく塗ることができます。

全体に染み渡り、匂いも嫌な感じもなく多少のヒリヒリ感が眠気覚ましにもなります。泡落ちもよく、泡が落ちた後はスベスベ感もあります。

ニキビ落としの用途とは違うかもしれませんが、清潔感にする事にはいいと思います。50過ぎでもいいと思います。

その他にちふれの「ウォッシャブルコールドクリーム」というクレンジングを使っています。

(その他もずくクレンジングのネオちゅらびはだもおすすめ)

まず何がいいかというとコスパがすごくいいです。600円程で買えますし、もう少し安い詰め替え用を、買ってポンプ式のものに入れて使うのも便利です。

半年ぐらい使えるし、1回に使用する量を躊躇することなく使えて嬉しいです。

使い方は、クリームを手にとって、顔でなじませます。クリームが「オイル化」するまでなじませて、オイル化してからは目元や小鼻の周りなどを丁寧に洗っていきます。

そのあと手にお湯をつけて「乳化」させます。この「オイル化」と「乳化」の作業がとても大事です。乳化したあとは、軽くメイクの落ちていない部分を洗っていきます。

すすいだ後の仕上がりがすごくフワフワになるのと、乾燥しないのでとてもオススメです。メイクもしっかり落ちてくれるし、クレンジングはとても大切なので、私はこれを愛用しています。

いまいちな点としては、落とすのに時間がかかることです。疲れている時など、すぐにお風呂に入りたい時には向いていないかもしれません。

毎日丁寧に落としたいという方にはとてもオススメです!

ナイトブラを使ってみた感想

私が初めてナイトブラを使い始めたのは30歳を過ぎたころ。

バストが小さいのが悩みで、でも豊胸手術はお金もかかるしリスクも大きいので、なんとか自力でバストアップできないかと考えていたんです。

年齢的にも、バストがだんだん形が崩れてくると言われている年齢だったので、小さいのに垂れているバストなんて目も当てられないと思っていました。

そんなときに見つけたのがナイトブラです。

そのときは、まだ今ほどナイトブラは人気がなかったので、デザインもあまりかわいいのはありませんでした。

高いのにスポブラみたいなそっけないデザインのものを使ったのが最初だったと思います。

それまでは夜ブラをつけて寝る習慣は当然なかったので、最初はつけて寝ることが不自然に感じてしまいました。

キツイわけではないんですが、なんとなく違和感があるかんじ。。。

ただ、ナイトブラをつけて寝ると朝起きたときにバストが少しマシ?になっているような気もしていたので、つけ心地がいいナイトブラを色々探しました。

楽天やAmazonですごく安いナイトブラを買ったこともありますが、やっぱり値段相応というか、安すぎるのはほとんどダメでしたね。

つけるとバストがつぶれてしまうものとか、逆にゆるすぎてつけてる意味がないものとか、、色々失敗も重ねてきました。

今は2種類のナイトブラを使っているんですが、けっこう理想的。

締め付けはきつくなく、ゆるくもなく。でもしっかり脇の肉を寄せてくれる感じが気に入っています。

ただ、ナイトブラをつけ始めて3年くらいたつのですが、ナイトブラだけではどうもバストアップは難しいような気がします。

ナイトブラに加えて、バストアップクリームを使ったバストマッサージをやるようにしました。

モテホイップの口コミ

ナイトブラだけのときと比べると、バストにハリが出てきたような気がしますので、このままコツコツと続けていこうと思っています!

女性の薄毛は早めの対策がポイント

女性だって薄毛の悩みはあります。

特に、妊娠出産を経て、その後40代に入ってくると、女性ホルモンのバランスが崩れることからだんだんと髪の毛自体が細くなってきて抜け毛も増えて髪がペッタンコになってしまうなんて人は多いと思います。

髪の分け目部分が地肌まで丸見えになって、外へ出るのも恥ずかしくなってきますよね。

でも、最近では女性用の育毛剤も色々発売されているので、できれば早めに育毛剤を使ってヘアケアの対処をしっかりとした方がいいでしょう。

育毛剤を買うのが恥ずかしいという人は、通販でも買えるのでおすすめ。ドラッグストアで買うのはやっぱり抵抗がありますからね。

ヘアリシェの口コミ

ただ、育毛剤はすぐに効果が出るものでもありません。

特に、女性の薄毛はホルモンバランスまで影響しているものなので、育毛剤のアプローチとホルモンを整えるアプローチの両方からケアをしていくのがベストでしょう。

あとは、頭皮も肌と同じように年をとりますので、しっかりとマッサージするなどして健康に保っておくことも大事です。

頭皮マッサージをするのにも、育毛剤で頭皮にいい成分が含まれているものを選んでそれを頭皮につけてマッサージするというのがおすすめです。

すぐには効果が出ないからこそ、早め早めの対策は大事になってきます。

ちょっと薄くなってきたかな、分け目が目立つような気がするな、と思ったら、おそらくそれが育毛を開始するべき時のサイン。

このタイミングを逃さずに、早めにケアをすることで、薄毛の進行も抑えることができますし、健康な髪を取り戻しやすくなります。

髪には成長のサイクルがありますので(数か月スパン)、できるだけじっくりと取り組むのが重要ですね。ただ、やればやっただけ結果を実感しやすいのがヘアケアなので、とにかくコツコツと取り組むようにしましょう。

バストアップにいい生活習慣て?

バストアップには生活習慣を整えることが大事と言われています。

とはいっても、生活習慣の何を変えればいいのか分からないという人も多いのではないでしょうか。

バストアップを意識するときに特に注意したいのが、食事と睡眠です。

食事については、やはり栄養バランスのいい食生活というのは本当に大事です。バストだって体の一部ですから、バストにしっかり成長するための栄養がいきとどかないとバスト自体が大きくなりようがありません。

そして、バストには女性ホルモンも大きく関係しています。

女性ホルモンと同じような働きを持つイソフラボンなどはしっかりととっておいた方がいいですね。イソフラボンは、豆製品に多く含まれているので、豆乳や納豆などを積極的に食べるようにしましょう。

また、直接的ではありませんが、体をつくる元になるたんぱく質もしっかり摂っておくようにした方がいいですね。

特にたんぱく質含有量が多くてカロリーは低い鶏むね肉などはおすすめです。

ダイエットにもいいですからね!

また、睡眠に関しては、思っている以上にバストに大きな関係がありそうなんです。

というのも、人間の体は寝ている間に成長ホルモンが分泌されます。なので、しっかりと質のいい睡眠をとれないと、この成長ホルモンが不足してしまうことになって、バストアップを妨げることにもつながるんです。

また、女性ホルモンの分泌にも関わりがあって、睡眠不足はホルモンバランスの崩れを引き起こす恐れがあるんです。

できれば10時くらいまでには寝るようにして、黄金タイムと言われる時間(10時~2時)はしっかりと眠るようにした方がいいでしょう。

睡眠はバストアップだけでなく、肌の調子にもダイレクトにかかわってきますので、しっかり寝るというのは本当に大事なんですね。

最近では、寝ている間にバストを固定しておくナイトブラも人気です。

【口コミ】ギュギュブラは効果あり?なし?他のナイトブラとの違いをチェック

ナイトブラは自分に合ったサイズ&圧迫感がないものを選ぶようにすると、睡眠の質も上がるので一石二鳥だったりします。

スキンケアには汗のケアも大事

オイルはスキンケアに欠かせないという女性も増えてきているのではないでしょうか。

オイルの中でもホホバオイルやアルガンオイルなどをスキンケアで使うことで、ますます保湿力が上がり、乾燥知らずのお肌になるでしょう。

選ぶオイルの種類によってもいろいろと効果が変わってきますので、自分の肌に合った適度なオイルを使うとよりよいお肌になるでしょう。

さらにオイルの質もとても大切ですし、古いものは使わず、新鮮なものを使うようにしましょう。

汗や皮膚を整えるためにオリーブオイルを使っている方も多いです。

オリーブオイルでお化粧落としをしたり、フェイスマスクのように塗ったり、小鼻に残ってしまった皮脂の黒ずみを取り除いたりと、利用の仕方はそれぞれあるようですね。かと言っても、上質なオリーブオイルを用いなければ、肌が困った状態になることもあるのです。そしてまた、自分には違うなと思った時もただちに肌に塗るのをとりやめて下さい。今、スキンケアにココナッツオイルを使っている女性が激増しているようです。化粧水をつける前や後に塗ったり、既にご使用になっているスキンケア化粧品に混ぜて使うだけでいいんです。もしくは、メイク落としの代わりに使ったりフェイスマッサージオイルとしても使えちゃいます。

もちろん、積極的に食事取り入れていく事でもスキンケアにつながっちゃう優れもの。ですが、体に吸収されるものですので質の良さにはこだわって選びたいですね。

お肌のお手入れをオールインワン化粧品にしている人も大勢います。

実際、オールインワン化粧品を使用すれば、ぱぱっとお手入れ完了なので、使用者が増加しているのも確かに、不思議ではありません。

様々な種類の商品に惑わされるよりもお金がかからず、非常に魅力的です。けれども、お肌の質によっては合わないということもありますから、配合成分の中に苦手なものがないか、十分確認してください。毎日使うスキンケア化粧品で重要なのは、お肌にとって刺激的な成分ができるだけ含まれていないことが選ぶことを優先しましょう。保存料などは刺激が強く痒くなったり赤くなったりすることがあるので、成分表示を、しっかり確認することが大切です。

また、CMや口コミに飛びつかず自分の肌に最適なものを選ぶことが重要です。肌の汚れを落とすことは、スキンケアの基本のうちのひとつです。それに、肌の水分を保つことです。洗顔をきちんと行わないと肌のトラブルが起こる要因となります。また、肌の潤いが失われてしまうことも内側の水分が逃げていかないようにする機能を弱めてしまうので、保湿は必ず行ってください。しかし、余計に保湿を行ってもよくないことです。化粧水や乳液をつけるタイミングにも順序というものがあり、もしその順番が間違っているなら、効果をほとんど得ることができなくなります。

顔を洗ってからつけるのは化粧水です。これにより肌を潤しましょう。美容液を使いたいという人は基本である化粧水の次に使いましょう。最後に乳液、クリームとつけていくのが正しい順番で、水分を肌に染みこませてから乳液やクリームでフタをしていくのです。

お肌のお手入れでもっとも大事なことがきちんと汚れを落とすことです。メイク落としをしっかりしないと肌が荒れる原因になってしまいます。しかし、クレンジングに念を入れすぎれば、いらない分の皮脂を取るだけにとどまらず、必要な分の皮脂まで取り除いてしまうことになって、必要な水分も保てず、肌が乾燥してしまいます。また、適切な洗い方とは適当に行うものでなく、クレンジングの正しいやり方を意識するようにしてください。

スキンケアの必要性に疑問を感じている人もいます。スキンケアは全く行わず肌天然の保湿力を無くさないようにしていくという考え方です。でも、メイクをした後はメイク落としをしない人はいないですよね。市販のクレンジング剤を使った後、肌に何もせずにいると肌の水分は奪われていきます。肌断食を否定はしませんが、足りないと感じたときは、スキンケアを行った方がよいかもしれません。

アンチエイジング成分配合の化粧品をお肌のお手入れに使えば、老化現象であるシワ、シミ、たるみなどの進行を遅くすることができます。かといって、アンチエイジング化粧品を使っていたとしても、身体に悪い生活ばかりしていては、老化現象のほうが早く進み、その効果を感じることはできません。体の内部からのスキンケアということも大切なのです。肌のお手入れでは、十分に肌を保湿したり、丁寧なマッサージをするといったことが効果があります。しかし、内部からの肌への働きかけはもっと重要です。

暴飲暴食や寝不足、喫煙などが重なると、高価な化粧品の効果を台無しにしてしまい、充分に活かすことができません。規則正しい生活をすることで、体の内部からのスキンケアにつながります。乾燥肌のスキンケアで大事なことは一にも二にもまず保湿です。

それから、ある程度皮脂を残すことも必要というのも日々チェックすべきことです。クレンジングで力強くこすったり、強力な洗顔料を使用して皮脂が必要以上に落ちてしまうと肌は皮脂のバリアがなくなり、直接空気にさらされ、乾燥が進みます。洗顔のとき使用するのはぬるま湯にしないと、ヒリヒリするような熱さではダメです。

それに、保湿だけに留まらず、洗顔についても今一度見直してみてください。密かな流行の品としてのスキンケア家電があります。時間に余裕がある時いつでも自分の家で、エステティックサロンで体験するフェイシャルコースと同様に美肌を手に入れることができるのですから、もちろん、皆の評判になりますよね。

ですが、人によっては買った後に煩わしさを感じて、使用頻度が落ちてしまうケースもあったりします。すぐさま手に入れようとするのではなく、面倒に思うことなくずっと使い続けられるのかもよくよく考えて、見極めてください。肌の状態をみながら日々のスキンケアの方法は変化をつけなければなりません。かわらない方法で毎日の、お肌を思っていれば自分のお肌にとって最良の方法ではないのです。

今日は乾燥ぎみかな?と思えばたっぷりと保湿をしてあげたりお肌の状態に影響しそうな生理前などの体の状態に合わせ低刺激のケアをおこなうという感じに変えてあげることがお肌のためなのです。

また、四季の変化にもあうように外の変化にも合わせ、ケアを変えていくことも大切なポイントなのです。、高価な機器などを使用して特に春先に気になる毛穴の汚れを見事に取ってうるおいをキープします。滞りがちな血行もスムーズに流れますから新陳代謝も進むでしょう。肌の調子が以前よりいい感じになったと答えています。

汗の量を調整したいなら、食べ物にもこだわるべきです。また、適切な制汗剤を使うというのも大事ですね。オイルだけでは汗や汗のにおいまでしっかり押さえることは難しいかもしれないので、ノアンデのような専用のアイテムを使った方がいいでしょう。